営業日カレンダー

2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
店舗休業・出荷停止日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
店舗休業・出荷停止日
出荷停止日
※当日発送 午前10時まで受付
  • 電 話:072-821-6559
  • 営業時間:平日 10:00〜19:00
    日曜 10:00〜17:00
  • 定休日:祝日
  • お問い合わせ
  • ※休業日にいただいたメールへのご返信は翌営業日以降の 対応となります。
 

  • 新潟県
  • 天領盃酒造(株)

二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml)

二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml) 二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml) 二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml)
二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml) 二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml) 二才の醸〜metropolis〜生酒(720ml)
拡大画像
商品コード 12369
販売価格1,870 円 ※税込表示価格
容 量
720ml
数 量
売り切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

例年、話題の「二才の醸」。
2021年からは、四代目として日本酒業界のホープとして
各メディアを賑わせている天領盃酒造 加登仙一氏が就任されました。

その記念すべき初年度の「二才の醸」のテーマは
「都会と地方〜コロナ禍の今、なにを思い、どう動くか〜」。
多くの人の生活のあり方が変化している昨今をイメージして醸されたお酒で
2021年4月は「都会」、2021年10月に「地方」の二種類のお酒が発売されます。

都会がテーマの第一弾は、『二才の醸〜metropolis〜』。
爽やかなマスカットの様な香り、
優しい甘みが優しく口中を満たしてくれる綺麗なお酒です。

ラベルデザインは
次回、リリースの『二才の醸〜the provinces〜』と
合わせて一枚のデザインとなります。
ぜひ揃えて完成させてみてください!​


「二才の醸」とは

「二才の醸」は、埼玉県 石井酒造の8代目、石井誠氏が
2014年に立ち上げた銘柄で、当時27歳で業界最年少社長だった石井氏が、
同世代の日本酒離れが進む中、もっとその魅力を知ってほしいと
「20代だけで造る日本酒」をコンセプトに掲げて始めたプロジェクトです。

「二才の醸」という名前の由来は「青二才」の二才。
あえて「青」を入れないことで、
「若者でも堂々と酒造りに挑戦していく」という想いが込められています。
クラウドファンディングを通して製造費や活動費の支援を募り、
20代のメンバーだけで完成させた最初の「二才の醸」は、
メディアでも取り上げられ大きな反響を呼びました。

「二才の醸」は造り手が30代になると
20代の酒蔵に受け継ぐという斬新な企画となっており、 

初代 / 埼玉県 石井酒造 石井誠氏
二代目 / 新潟県 宝山酒造 渡辺桂太氏
三代目 / 茨城県 青木酒造 青木知佐氏
そして2021年、四代目として天領盃酒造 加登仙一氏
が就任されました。

仕 様

原材料
米(佐渡産)・米麹(佐渡産)
使用米
越淡麗100%使用
精米歩合
非公開
アルコール分
14度(原酒)
日本酒度
非公開
酸度
非公開
生酒/火入れ
生酒
保存方法
要冷蔵