営業日カレンダー

2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
今日
店舗休業・出荷停止日
出荷停止日
※当日発送 午前10時まで受付
  • 電 話:072-821-6559
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • 定休日:日曜日・月曜日の祝日
  • お問合わせ
  • ※休業日にいただいたメールへのご返信は翌営業日以降の 対応となります。
 
  • 長野県
  • (株)湯川酒造店

十六代九郎右衛門「環」米 山廃純米 無ろ過生原酒

商品コード 105075
販売価格3,443 ※税込表示価格
容 量
1800ml
数 量

売り切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

酒蔵の立地は標高936メートル! 日本で最も星に近い酒蔵 湯川酒造店が醸す「十六代九郎右衛門(じゅうろくだいくろうえもん)」

標高が高い湯川酒造店では、米を蒸す際に沸点が低くなる為、どうしてもカラッとしたサバケの良い蒸し米ができにくく、酒質はやわらかい、ぽっちゃりとした早飲みのお酒になると言います。 それを克服するのが山廃やキモト仕込みです。 そして、熟成にも向く長野県産 金紋錦(きんもんにしき)を80%まで精米し、山廃ならではの男らしい骨太な味わいに仕上がりました。

穏やかな香り、開栓直後はややガス感も残っており、山廃仕込みらしいしっかりとした骨太な酸味があります。醤油を使った味付けの濃い料理(煮玉子、トンテキ、うなぎの蒲焼、もつ煮など)と相性が良いです。温めるとより穀物香が際立ち、より強い個性を感じます。

テーマとラベルデザインについて

近年、日本酒蔵のドメーヌ化が流行りとされ、原料から一貫した酒造りが取り沙汰されていますが、「酒造りにも適していない」「米作りにも適していない」土地で、創業は1650年より370年近くも続いているのはなぜだろう…まさに銘柄名とおり十六代にも渡り、その土地で日本酒が必要とされてきたワケは何だろう? それが今回のお酒のテーマであります。

広島で活躍中のライナーノーツ中山さんの作品。木を売り→米を仕入れ→その米で酒を造る。という一連の流れを「環-めぐる-」とネーミングし、木を「△」、米をドット、酒を「○」で表現したものが、波線で繋がっており、過去から未来へバイオリズムを表現しています。画像からは見えないですが、△の左側に○、右側にドットの絵が連なっているラベルとなっております。

仕 様

カテゴリー
日本酒
酒質
純米酒・山廃仕込み
原材料
米(国産)・米麹(国産米)
使用米
金紋錦(長野県産)
精米歩合
80%
アルコール分
17度
日本酒度
+10
酸度
2.5
使用瓶
黒瓶
生酒/火入れ
保存方法