山梨県 武の井酒造㈱ 商品一覧

青煌|通年商品

青煌(せいこう)の通年商品は、バラの酵母から分離された「つるばら酵母」ですべてを醸し出されたスッキリ爽やかな日本酒です。特定名称ごとに酒米を変えており味わいの違いをお楽しみ頂けます。

1800 3,348円 (税込)

名水百選の湧水がある八ケ丘の伏流水、バラの花から分離された「つるばら酵母」と優秀な酒米として重宝される「雄町」を精米50%まで磨き醸し出されました。花酵母特有の豊かな香りと青煌らしい爽やかな酸、ほのかな甘みのあるスッキリとした飲み口の純米吟醸酒。心地よいひとときをお過ごしください。

1800 2,808円 (税込)

名水百選の湧水がある八ケ丘の伏流水、バラの花から分離された「つるばら酵母」と新潟県の奨励品種登録されている五百万石を精米60%まで磨き醸し出されました。花酵母特有の穏やかな香りと青煌らしい爽やかでスッキリとした飲み口の特別純米酒です。

1800 2,592円 (税込)

名水百選の湧水がある八ケ丘の伏流水、バラの花から分離された「つるばら酵母」と長野県を代表する酒造好適米 美山錦を精米65%まで磨き醸し出されました。花酵母特有の優しい香りと飲み飽きしない軽快な味わいが印象的な純米酒。

青煌・武の井| 数量・季節 限定品

1800 2,484円 (税込)

暑い季節に向けての軽快な限定酒「青煌 -爽sou-」。ラベルには今年も愛らしい「さかずきん」が登場しています。アルコール度数を14%台で仕上げることで軽快さを出し、暑い季節でも爽快さを感じてもらえる味わいをコンセプトて造られました。

1800 2,916円 (税込)

夏の花と言えばヒマワリ! ちなみに太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ることから名づけられたそうですよ。そんなヒマワリの酵母を使用して暑い季節に合わせ醸されたお酒です。爽やかな香りとキレの良い酸!しっかりとした味わいの中にまろやかさを感じます。ジューシーな味わいがお好きな方にオススメのお酒。

蔵元紹介|武の井酒造 株式会社

「青煌」2006年に立ち上げた新ブランド

青煌(せいこう)は、2006年に立ち上げた新ブランドです。県内県外から厳選した酒造好適を原料米とし、花酵母の一つである「つるばら酵母」をメインに、手間暇かけて丁寧に醸します。

武の井の由来

社名と酒名にもなっている「武の井(たけのい)」の由来は、創業者である清水武左衛門(シモズブザエモン)の「武」と良水の湧き出る井戸の「井」をかけ合わせて命名されました。

 伝説の湧水「三分一湧水」

仕込み水には、名水百選にも選ばれている三分一湧水(さぶいちゆうすい)。戦国時代の名将武田信玄に関する伝説が残っています。三つの村が激しい水争いをしていた頃、農業用水を均等に分配させるため、湧出口の分水枡に三角石柱を築き、三方向に流水を分岐させました。

蔵元概要

蔵元名武の井酒造 株式会社 代表者清水 元章 創業慶応元年(1865年) 主な銘柄青煌(せいこう)・武の井 仕込み水名水百選 三分一湧水 所在地〒408-0012 山梨県北杜市高根町箕輪1450番地 TEL0551-47-2277 FAX0551-47-2278 蔵元 HP武の井酒造 ホームページ 蔵元 Blog青煌~次世代の日本酒~(分析値表示用) 蔵元 Blog武の井 ~新たなる第一歩~(分析値表示用) 蔵元 Facebook青煌-Facebook- 蔵元 Twitter青煌の杜氏:清水紘一郎-Twitter- 蔵元 Facebook武の井-Facebook- 関連HP東京農大花酵母研究会 HP