日本酒・地酒 通販 地酒大好き.com

TEL:072-821-6559

FAX:072-821-1098

大阪府 高槻市 清鶴酒造㈱ 商品一覧

清鶴・ふりーらん・阪急富田酒

 720 4,223円 (税込)

選び抜いた酒造好適米を原料に、精米から上槽まで納得の行くまで手間をかけて醸し上げた大吟醸酒。その貴重な醒(もろみ)を酒袋につめて酒槽につるし、ゆっくりと滴り落ちる雫だけを集めて瓶詰めしました。香り立つ芳香、深く豊かな味わいは最高級の名に恥じない出来映え、杜氏の技が冴えわたる芸術品です。まさに手づくりの極み、日本酒の醍醐味を心ゆくまでお愉しみください。

1800 2,750円 (税込)

寒中にしぼった新酒をそのまま低温で貯蔵し、出荷直前に一度だけ加熱したものです。寒しぼりのみずみずしい美味しさがそのまま封じ込められたフレッシュな生酒の風味を暑中にお楽しみいただけます。キリリと冷やしてお召し上がりください。酒名の「雪華」(せっか)は、雪を花に例えた言葉です。

 720 1,915円 (税込)

大阪府高槻市の清鶴酒造と阪急電鉄がコラボした日本酒です。また「たかつき土産」にも認定されており、鉄道ファンや大阪土産など贈り物にオススメです。ボトルは、阪急電鉄 伝統のイメージカラー”阪急マルーンカラー。 そして、ボトルに描かれているのは、阪急京都線を走る9300系車両です。 裏面には、阪急富田駅を模したラベルと鉄道ファンの方でなくても思わず欲しくなってしまう魅力的なデザインとなっております。

1800 2,946円 (税込)

最高級の酒米 山田錦を使用し、3,000円台と非常にコストパフォーマンスの高く、ちょっとした贈り物に最適です。穏やかな香りとやや辛口のながらほのかに香る吟醸香が心地良く、後味に適度な酸味と旨味のある純米大吟醸酒です。また、オススメの飲み方は、冷や(5~10度)又は常温(室温)です。酒の風味を最大限に味わっていただけます。天有酒星とは獅子座のすぐ西に並ぶ酒旗星と中国甘粛省にある”酒泉”の中国の酒にまつわる2つの故事にちなんだものです。

1800 2,182円 (税込)

初冬、凛として冷気が酒造に立ち込める頃、その年の初しぼりが始まります。槽口から流れ出た搾りたての新酒を加熱処理などをせず、素顔のまま瓶詰めしました。同じ生酒でも熟成酒にはない新鮮な力強さが特徴的です。フレッシュで華やかな香り溢れる濃厚・清雅な味わい。槽口で飲むみずみずしさをそのまま蔵出しています。酵母が生きていますのでこの時期ならではの口福を心ゆくまでお楽しみください。冷や又はキリリと冷やしてどうぞう。

清鶴|あらばしり・ひやおろし

”あらばしり”と言えば新酒の時期、”ひやおろし”言えばと秋季限定のように思われますが清鶴酒造では愛酒家のご希望にお応えして厳正な温度管理のもと年間を通じて蔵出ししています。

1800 2,592円 (税込)

米と米麹、そして清らかな清鶴の井戸水のみで蔵人が丹精込めて醸した純米酒。 醪(もろみ)が発酵を終え、爽やかな果実香を放つ醪(もろみ)を酒袋に入れ、槽(ふね)という箱に並べ入れ自重で一番最初に槽口から勢いよくほとばしりでる酒が荒走り(あらばしり)です。荒走り(あらばしり)と言うと新酒の時期限定のように思われますが、清鶴酒造では厳正な温度管理のもと年間を通じて蔵出ししています。

1800 2,182円 (税込)

 720 933円 (税込)

”ひやおろし”は厳冬期に蔵人が丹精込めて醸した新酒を春に火入れ(加熱)し、低温の蔵の中で静かに熟成させ、外気温が貯蔵庫と同じ位になる晩秋に蔵出しされる酒です。昔は蔵人だけの密やかな楽しみだったこの”ひやおろし”を清鶴酒蔵では、愛酒家のご希望にお応えして厳格な品質管理のもと四季を通じ蔵出ししています。

蔵元紹介|清鶴酒造 株式会社

天下の”下り酒”富田酒(とんたさけ)の伝統を今に伝えて。

上方難波津の北東、とうとうたる淀の流れのほとり。高山右近で知られる高槻の西に富田があります。元禄期のグルメ本「本朝食鑑」にも伊丹(灘)、池田、と並んで江戸積銘醸の他として記されているこの富田の酒づくりを名実ともに支えたのが富田蔵方十人衆の一人紅屋・清水市郎右衛門。清鶴は、安政三年(1856年)の創醸以来その紅屋酒造株(清水株)の流れを汲み、「香味勝て宜し」といわれた銘醸の技を今なお比地に伝えつづけている造り酒屋です。

この地で創醸安政3年(1856年)の清鶴酒造は、最も古い富田酒の醸造元です。「甘」「酸」「苦」「渋」「辛」の五味調和口にモットーに五感を駆使して醸しだします。

蔵元概要

蔵元名清鶴酒造 株式会社 代表者清水 元章 創業安政三年(1856年) 主な銘柄清鶴・ふりーらん・雪華 仕込み水  所在地〒569-0814 大阪府高槻市富田町六丁目五番三号 TEL072-696-0014 FAX072-692-0014 蔵元 HP清鶴酒造 ホームページ