日本酒・地酒 通販 地酒大好き.com

TEL:072-821-6559

FAX:072-821-1098

宮城県 萩野酒造㈱ 商品一覧

萩の鶴・日輪田

1800 3,132円 (税込)

 720 1,674円 (税込)

10月1日と言えば「日本酒の日」 否…「メガネの日」です! この日にちなんで醸された「萩の鶴 メガネ専用」は「佐藤 曜平」杜氏を始めとするすべての蔵人が全員メガネの蔵人で造られました。 メガネ着用で作業にあたるのでレンズの曇りに苦悩しながら醸されたことでしょう(笑)

1800 3,024円 (税込)

平成10年に生まれた宮城の酒造好適米「蔵の華」は、どちらかというとすっきり穏やかな感じのお酒が出来ます。萩の鶴さんにかかると、穏やかで、ソフトな中 にも充分な旨みがあり、さらに、お燗にするとあっさり系から、濃厚系のどんな料理にも合い、料理の旨さを充分出してくれるめっちゃうまい酒です。萩の鶴の顔と言っていいコストパフォーマンスの高い逸品です 。

1800 2,700円 (税込)

冬から夏にかけて程よく蔵内で熟成されました。穏かな香りと優しい酸味とスッキリした飲み口です。別銘柄”日輪田”と異なった魅力の辛口純米酒に仕上がっております。 また、冷酒・常温・ぬる燗と様々な温度帯で楽しめいただけます。

蔵元紹介|萩野酒造 株式会社

名城蔵の若き跡取り「佐藤 曜平」情熱の一献

萩の鶴酒造の蔵内写真集萩野酒造㈱の跡取りである東京農大卒の「佐藤 曜平」さんは、物静かで実直、時々ユーモアをみせる彼の目指すお酒は、食中酒ですが「けっして料理を引き立たせるだけのものでなく、お互いが相乗効果を得て、それぞれも輝き合える味わいのある酒」を目指しています。全体的にきれいな酒の多い宮城県の中で、きれいな中にもウマさがある熟成されて旨みを増す力強い酒質が蔵の代表銘柄「萩の鶴(はぎのつる)」です。

萩の鶴|美しき花「萩」と縁起のよい「鶴」

宮城県栗原市金成有壁(かんなりありかべ)は、その昔「萩の村」と呼ばれていたそうです。その名の通り萩の花の美しさで知られ、今でもたくさんの萩が見られます。そこから「萩」をとり、縁起のよい「鶴」と組み合わせて名付けられました。

宮城の地元で幅広く愛されてきた萩野酒造㈱の中心銘柄で、宮城らしいキレイでスッキリとした飲み飽きのしない酒質を目指しています。味の濃すぎない上品な和食や、クセの強過ぎない新鮮な海の幸等と合わせて欲しいお酒です。

日輪田|「お日様」と「田んぼ」の恵みを皆で「輪」になって楽しんでほしい

平成14年から全量純米造り、特約店限定の銘柄。「日輪田」とは、古代神に捧げる穀物を育てた円い田のこと。「お日様」と「田んぼ」の恵みを皆で「輪」になって楽しんでほしいという意味も込められています。米の旨みを大事にし、食中酒として飽きの来ない味わいに仕上がってます。気の合う仲間と肩肘張らずに楽しめる、カジュアルで上質な純米酒を目指しています。少し濃いめに味付けした里芋やふきの煮物、ぬか漬けや程よく熟成した沢庵のような田舎料理と合わせて欲しいお酒です。

蔵元概要

蔵元名萩野酒造 株式会社 代表者佐藤 有一 創業天保11年(1840年) 設立大正12年7月(1923年) 主な銘柄萩の鶴・日輪田(ひわた) 所在地〒989-4806 宮城県栗原市金成有壁新町52番地 TEL0228-44-2214 FAX0228-44-2026 蔵元 HP萩野酒造 ホームページ 蔵元 Blog萩野酒造㈱ ブログ